読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちなヤクうさぎのもんたんのポール際

飲まない方のヤクルトが大好きなうさぎのもんたん。6歳♀。

(●;◇;●)延長サヨナラ負け!【定期検診:ヤ戦病院】次は、大黒柱山田がケガ!?勘弁してクレメンス

今日から、名古屋で中日戦。

頑張って欲しいところですが、問題が出てしまいました!

f:id:tinayakumontan:20160809211235j:image

まずは、中日側。

谷繁監督が…

tanisige...

 

谷繁監督会見「こういう形で去るのは寂しい悔しい」

 中日は9日、谷繁元信監督(45)に休養を要請したことを発表した。事実上の解任。同日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)から森繁和ヘッドコーチ(61)が監督代行で指揮を執る。

 

 谷繁監督は高木守道氏のあとを受け、14年から選手兼任監督として就任。昨年限りで選手は引退し、3年目の今季から専任になった。4月は首位に立つなど好調だったが交流戦から成績が落ち始め、現在は球団48年ぶりの8カード連続の負け越し中。借金15の最下位に沈んでいる。

 また、谷繁監督の参謀としてベンチ入りしていた佐伯貴弘守備コーチ(46)も休養させる。2軍から辻コーチ、早川コーチを昇格させる。

 佐々木球団社長と並んでナゴヤドーム内で会見した谷繁監督は「結果がすべてと思っている。こういう結果になったのは監督である自分の責任だと、返事させてもらった。現役からずっとやってきて、兼任になっても同じ気持ちで、未来のドラゴンズが強くなるためにどうしたらいいかを全身全霊考えてやってきた。こういう形で去るのは寂しい。悔しい。でもそれが勝負の世界。仕方ない」と厳しい表情で語った。

headlines.yahoo.co.jp

悲しいなぁ。

もっと下位に沈むチームを目の前に、

解任だなんて。

 

前年度優勝したから良いもののヤクルトのこの結果は、

決して真中は褒められたものじゃないよね(●゚◇゚●)

 

で、今日さっそく新体制の中日にサヨナラ負けを喫してしまいました。

 

 f:id:tinayakumontan:20160809211940j:image

 

中日、森監督代行が初采配で初勝利! 延長10回にビシエドがV打

試合前に谷繁監督が“休養”発表、奮起したチームが粘り勝ち

 中日は9日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)で延長10回の末、ビシエドのV打で2-1でサヨナラ勝ちした。

 試合前に谷繁監督が事実上の解任となる“休養”を発表。森繁和ヘッドコーチが監督代行として初采配を奮った試合で初勝利を飾った。

 この日は中日・吉見、ヤクルト・石川の両先発が好投を披露。中日は、3回に1死二塁から大島のセンターへの適時打で先制に成功したが、その後は攻めあぐねた。マウンド上の吉見は、5回に味方失策も絡んで1失点。それでも6回から6者連続凡退で勝機をつないだ。

 延長10回、先頭の大島が四球で出塁すると、2死二塁の場面で、この日4打数無安打だったビシエドが打席へ向かった。「何としてでも打ってやろうと思って」というビシエドは、交代したばかりの平井から左中間を破るサヨナラ打。「とてもうれしいです」と新体制での初勝利を喜んだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

カツオ、頑張ってたのに…

 f:id:tinayakumontan:20160809211236j:image

この暑い中(ドーム)延長戦大変そう。今日も比屋根のせいかな?

 

 

 

f:id:tinayakumontan:20160809213042j:plain

 もう、延長になったら全部比屋根のせいだわ。

 

調子に乗ったら、

ひやねの耳を引きちぎるよ!

 

って思ったら、

公式からこんなものが!

 

f:id:tinayakumontan:20160809213150j:plain

誰が買うんだよwww

 

背面には

Tシャツの表面には、サヨナラヒットを放った比屋根選手がデザインされており、背中には、ヒーローインタビューで語った「自分のミスで、こんなに遅くなってしまいすみません。練習します。」の文言がデザインされております。

www.yakult-swallows.co.jp

 

  

 

比屋根のことより、我らが宝、山田が心配!

やまだが、まさかの途中交代

【定期】【定期】【定期】【定期】【定期】【定期】

【定期】【定期】【定期】【定期】【定期】【定期】

さすがに、山田がケガは困ります!

【ヤクルト】トリプル3狙う山田が2回で途中交代!フルイニング出場316試合で止まる

◆中日―ヤクルト(9日・ナゴヤドーム)

 ヤクルト・山田哲人内野手(24)が「3番・二塁」で先発出場も、2回の守備から途中交代。14年7月13日のDeNA戦(神宮)から続いていた連続フルイニング出場が316試合でストップした。背中付近に違和感が生じたとみられる。

 

 昨季史上9人目のトリプルスリーを達成した山田は、今季もこの日まで106試合で打率3割3分、33本塁打、84打点、27盗塁。史上初の2年連続トリプルスリーに向けて視界良好だった。

 

headlines.yahoo.co.jp

 f:id:tinayakumontan:20160809211246j:image

比屋根の心配してる場合じゃないんだよ!

山田様!どうにか軽傷(軽傷)であって欲しい!

頼みます!

 

明日の試合は無理しなくていいから、

とりあえず、無事()でいて下さい!(切実)

 

マジで今年(も)けが人多すぎ!!!