読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちなヤクうさぎのもんたんのポール際

飲まない方のヤクルトが大好きなうさぎのもんたん。6歳♀。

(●゚◇゚●)【リオオリンピック】ネイマールがすごすぎた!ブラジル、王国復活の金メダルに感動!

スポーツ好きのうさぎ オリンピックとうさぎ

ちなヤクうさぎのもんたん(@tinayakuusagi)だよ!

ブラジルがサッカーで優勝、金メダルになりましたね!

 

f:id:tinayakumontan:20160821141743j:plain

 

もんたん(飼い主)は、やきうに、オリンピックに甲子園と大忙しです!

それにしても、ネイマールがすごかったですね!

 

試合ダイジェスト

 

彼もずっと注目され続け、

ワールドカップで結果が残せなかった分、自国開催(2度目)の正直を見せてくれました。

そんな彼のバックグラウンドを考えると相当なプレッシャーの中でよく、最高のパフォーマンスを見せてくれたと感動しています。

 

歓喜爆発「希望の光に」=ブラジルの夢かなう-サッカー男子〔五輪・サッカー〕

 【リオデジャネイロ時事】「私たちは信じている」。ファンの声援はネイマールがPKを決めると「チャンピオン、チャンピオン」と歓喜の叫びに変わった。2年前、地元開催のサッカー・ワールドカップ(W杯)でドイツに歴史的大敗を喫した「王国」。「苦い記憶」を抱えた国民は宿敵への勝利に留飲を下げた。
 地元開催で初の金メダル獲得は使命だった。しかし、大会の滑り出しは2試合連続無得点と低調。ファンは罵声を浴びせ、地元紙には悲観論が踊った。3戦目からは調子を上げてきたものの、代表への逆風は止まらなかった。
 勝利を決めた瞬間、ネイマールはグラウンドに倒れ込み、しばらく動かなかった。胸によぎったのは喜びよりも安堵(あんど)だったか。国民的スーパースターは、両手で顔を覆い、おえつを繰り返した。

「W杯の屈辱的な記憶を消すには、まだ何度も勝たないといけない。今日はその一歩」。スタンドで声をからしたサンドラ・ウルタードさん(35)は厳しい注文を付けつつ、「でも今夜はお祝い。これから朝まで大はしゃぎする」と笑った。
 政治や経済の混乱の中で迎えたリオ五輪は、観客席に空席が目立ち、盛り上がりを欠いていた。ブラジルでは貧富の差が激しく、五輪チケットを買えない国民も多い。「国の重苦しい雰囲気を吹き飛ばす勝利だ」と会社員のウルタードさん。スタジアムの前に広がるスラム街に目をやって「あの街の住民もテレビを見て喜んでいるはず」と語った。(2016/08/21-13:49)

www.jiji.com

ネイマールの全ゴール

 

 f:id:tinayakumontan:20160821141804j:plain

 

 

 おめでとうブラジル!

 

 

さて、これからゆっくりと、甲子園の決勝戦でもみますかな。

 

ちなヤクうさぎのもんたん(@tinayakuusagi)でした